FC2ブログ

プロフィール

ベスト

Author:ベスト
ここは、自分のこだわりを書き綴った場にしたいと思ってます。小説はすべて私の頭の中の妄想・空想を書き綴っています。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


篤姫

これも、昨年の12月に「篤姫」の総集編を観て思い出したものです。

「篤姫に 轡を夢想し 総集編」

篤姫を毎回観ていた訳では、ありません。
総集編も家族が観ていたので盗み見していた程度です。

また、宮崎あおいが好きというわけでもありません。
あまりDID心をくすぐらないタイプの女優さんです。
でも、凛とした武家女の美しさは感じました。

私、正座した(させられた)女性のDIDシーンって大好きなのです。
それも、時代劇なら身分の高い武家娘。
現代劇で良家の奥様やお嬢様など、高貴で気品が漂うような美しい女性の正座しての背骨を伸ばした緊縛姿を見たいのです。
捕らえられ、縛られても尚、矜持を保っており、決して相手に屈していないような意思の
強さのようなものを正座した女性の緊縛姿には感じます。

後ろ手に縛られ、口には厳しい猿轡を噛まされていても、きちんと膝を揃えて正座し、背筋をシャンと伸ばして、目を正眼に向けて耐えている綺麗な女性の姿は、想像するだけで
ドキドキします。
DIDやボンデージ、そしてSMのサイトを見て回っても、正座姿で凛とした女性の姿は
まったく見かけません。
なぜか足を崩していたり、背中が丸まっていたり・・・・・。

その方が女性らしく、色気があって、またリアルだと思うマニアの方が多いのでしょう。
正直、正座派は少数派だと思います。

でも、そういう意味から言えば、正座緊縛は、宮崎あおいより稲森いづみ演じる瀧山のほうが、より美しかったかもしれません。
背中がまっすぐに伸び、胸が反るように高手小手に捩じりあげられていて・・・・・。
気が強そうで、プライドが高くて、年増の色気が匂っていて、正座させて厳しい猿轡を噛まされた姿が絵になったかもしれませんね。


「正座させ いずみの口に 結びコブ」
「噛まされて 尚も屈せぬ いずみの眼」

初夢

もう、正月も4日過ぎて今更初夢ネタで恐縮です。

「初夢は 想い出の女性の 竹轡」

これは、今年の正月ではなく、実は去年の正月の話しです。
実は、去年の年末年始は不思議と初恋の女性のことを繰り返し繰り返し思い出したのです。
何故、そうなったのかは分かりません。布団に入ると思い出すのです。
そう、「私小説~回想」に登場した初恋の女性です。
「独白記」の中にも、中学時代、ちょうど水/戸/黄/門の小/林/由/枝嬢の竹轡シーンでの
思い出として記述した同じ女性です。

もう、30年近く会ったことがありません。
でも、友人たちからの噂では、今もとても綺麗なままなのだそうです。
そんなことを聞くたびにどんな風に歳をとってるのだろうと色々と想像して、夢想してしまうのです。
夢の中でいいので、あの頃の彼女に竹轡を噛ませ、きりきりに縛り上げ、乳房を嘗め回して、エッチしてみたいものです。

中年スケベオヤジの妄想で申し訳ありません。

除夜の鐘

新春なのに、大晦日に作った川柳を披露するのも、変ですが、
せっかく作ったものですから、発表させてください。

「除夜の鐘 くぐもった声と ハーモニー」
説明しないと、理解していただけないのが未熟なところで、お恥ずかしいのですが、
紅白も終わり、遠くで除夜の鐘がかすかに聞こえる静寂の中、コタツに入り一人手酌で
お酒を飲んでいる一人の初老の男。
しかし、傍らには、ひとり美女が和服姿で後ろ手に縛り上げられ、座禅縛りで転がされているシーンです。
裾がめくり上げられ、腰巻も乱れ、赤貝がぱっくり口を開けています。
口には厳重に詰め物が入れられ、桃色のシゴキで結びコブを作った猿轡が頬を割り、厳しく噛まされているのです。
男が、絵筆のようなもので、赤貝を嬲るたびに、くぐもった声が聞こえてきて、
除夜の鐘と絶妙なハーモニーを奏でている。
「むむむむ・・・・・・・」
「ほれほれ、無粋な声を出すもんじゃないよ。せっかくの除夜の鐘が台無しじゃないか。ふふふ・・・・ほれ、これはどうじゃ?」
男は、ひとり悦に入り、コタツの上には、日本酒の徳利が2本ほど空になって転がっている。
焼酎では、こんなシーンでは絵にならないように思います。
晦日の寒くて静かな夜には、熱燗がいいですよね。

そんな大晦日を送ってみたいとの願望から作ってみました。
SM雑誌の挿絵に、こんな絵がよくあったように思います。


謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨日、いきなり思い立ったのですが、今日から「川柳」を始めてます。
とても「川柳」と呼べるような代物ではなくて、恥ずかしいのですが、
頭をひねりながら、ぽつりぽつりと更新していきたいと思います。

書き掛けの小説は何作もありますが、何一つ完成しそうも無く
テレキンネタも書きつくし感がありました・・・・・・・。

でも、川柳なら、四六時中頭の体操になるかもと思い立ちました。
また、たった17文字ですが、自分の頭の中では
いろんな妄想が広がって、考えると中々良いものだと気づきました。
皆様、寸評のほど何卒よろしくお願いします。
今日の一作
「初春や 着物のシゴキで コブ結び」

 | BLOG TOP |