FC2ブログ

プロフィール

ベスト

Author:ベスト
ここは、自分のこだわりを書き綴った場にしたいと思ってます。小説はすべて私の頭の中の妄想・空想を書き綴っています。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


時代劇「亜美と怪兵」の脇道話

7章

東映映画「尼僧残酷物語」

時は戦国時代。攻め滅ぼされた中国地方のさる大名。
主や子息らは、全員切腹。
女たちは助命され、仏門に入ることで許されるのです。
しかし、奥方は、後を追って自害。
そして中国地方随一の美貌と評判だった吉永小百合さん演じるお姫様のみが出家され生き永らえるのです。

彼女の名前は桐花様。
彼女の美貌は、遠く大坂にいる秀吉の耳にまで入ります。
新しく領主になった大名が、その桐花様に眼をつけるのです。
この大名が、桐花様の家を攻め滅ぼしたのでした。
新領主は、美貌の彼女を我が物にし、更には、天下人の秀吉に差し出そうと。

それを知った桐花様は、きっぱりと拒絶されます。
決して権力者の思うがままにはならぬと!!

そしてその危難を知った滅亡した旧家の遺臣の待女が寺に忍び込み、、隙を見て、桐花様を連れ出し逃亡しようとしますが、あえなく見つかり、待女は、斬り死に、桐花様だけが囚われてしまうのです。
尼寺の一室に囚われ縛られた桐花様。
尼寺の住職である庵主さん役の女優が監禁部屋にやってきます。
庵主さまの役は、山田五十鈴さん。いいやここは、淡島千景さんが、似合うような。

監禁部屋の広間の中央に正座した姿で後ろ手に厳しく縛り上げられ、口には千鳥柄の手拭で結び玉猿轡をしっかり噛まされた桐花様が。

猿轡に驚いた淡島千景さんが、見張り役の待女に尋ねます。
「これは何としたことじゃ、仮にも先ごろまではご領主だった吉永様のお姫様ぞ!!」
「舌を噛もうとなされましたので!!」
{だから、私が、咄嗟に手拭で猿轡を噛ませたんです。ちゃんと詰め物も噛ませてますよ。
機転が利いたでしょう。自害しようとする女に猿轡噛ませるのは常識で知ってますよ!
すこし手こずりましたが、ほら、この通り、舌が噛めないように、結び玉作って「しっかりきっちり」仕事しまたわ}
としたり顔の若い待女。

{まああ、なんと憎憎しいお姫様だこと!!}とムッたした表情をして部屋を出て行く淡島さん。

ここから、長い時間、カメラは猿轡を噛み締める吉永小百合さん演じる桐花様の姿を捉えるのです。
後ろからのアングルでは、高手小手に厳しく縛められた手首の姿。
背筋をピンと伸ばした綺麗な姿勢。
もちろん本当に剃髪して役作りをしています。
何といっても時代劇黄金時代ですから、いくら売り出し中の美人女優でもカツラではなく、
本当に頭を丸めて撮影に臨んでいます。
真横からのアングルのアップ画では、吉永さんの口奥にまでしっかりと食い込んだ結び玉が写り、口がコの字型になっています。
顔の産毛まで見えるようなアップ画像で、囚われの元お姫様の運命の過酷さ、人生の悲哀を表現しているのです。
眼には屈服しないという、芯の通った光が宿っています。
長時間猿轡を噛まされていたことが判るように口に食い込んだ手拭には、唾液が染み出しています。
そして手拭を無地や豆絞りではなく、千鳥柄にしたことで、最初の淡島千景さんが入室してきたときも口の結び玉の図柄とアップ画で、鮮明に噛まされ顔を映し出したシーンでの千鳥柄の図柄の位置が変わっていることがわかるのです。
「ああ、吉永さんんは、このシーンの撮影で何度も猿轡を噛まされ直されたんですね」と我々マニアは長年話題になるのです。
「大奥マル秘物語」の佐久間良子さんのシーンのバージョンアップ版とお考えください。


まあ、物語はここで終わりにします。
いくら妄想の世界にこれ以上の筋書きは不要ですからね(笑)
最後は、吉永さんが、仇の大名に差し出された後、隙を見て、親の仇の大名を短刀で刺し、見事に復讐に成功する物語です。仇討ち後、家臣たちから斬り殺され最期を遂げる悲しい戦国女性の物語で映画は終わります。

1960年代の時代劇映画全盛期なら、こんなシーンがあっても不思議ではなかったのではないでしょうか?
60年代をリアルに生きた方からのご意見も伺いたいものです。
いくら何でもその時代、そんな見事な噛ませは不可能だったはずとか!
でも、私は、彼女のこんなシーンが昔あったらどんなに良かっただろうと勝手に妄想してます。
現代女優では、何かこのシーンはツボに嵌らないのですよね。
尼僧姿での美しさや清楚や気品、そして女優としての格が、現代女優では無理なような。
これで脇道話を終わります。

では、将来掲載予定の時代劇小説をご期待ください。

時代劇「亜美と怪兵」の脇道話

6章

私の具体的な妄想(笑) 
※ほんと下らない妄想の連続です。ですからどうか笑ってください。

時代は、1960年代後半。
やっと世の中に噛ませ猿轡が出現され始めた頃。
(先日、掲示板で拝見した若き日の香川京子さんの噛ませにはびっくりしました。あんなシーンがあったなんて・・・・まだまだ知らない宝が埋もれているんですねえ!)
私の妄想スタートです。
まずは、陳腐な時代劇ドラマではなく、真面目でしっかりした製作の時代劇黄金期の東映映画です。
尼寺のシーンが出てくる映画です。
当時の美人女優が、尼僧役の主人公。
一番の希望は、吉永小百合さん。
その後は、栗原小巻さん、松原智恵子さん、岩下志麻さん、富司純子さん、三田佳子さん。
この6人は生涯に渡り、噛ませ猿轡シーンの処女のはずです。
頭の中にある妄想は、噛ませ猿轡(それも私の中の合格点)処女がイメージですから、
若き日のこの6人の女優さんがいつも妄想の候補です(笑)

山本陽子さんや十朱幸代さん、酒井和歌子さんは、その後、ナイスな噛ませがありますから候補からは除外しました。
浅丘ルリ子さんは時代劇のイメージじゃないから、これも除外です。
もうひとつ上の世代の若尾文子さん、池内淳子さん、八千草薫さんなんかも若い頃は、凄い美人だったようで、十分に合格なんですが、私の幼少期にはずでにおばさん役でしたからねえ。昔のドラマを見ると、池内さんと八千草さんは捨てがたい魅力がありますが。(笑)


そこでさっきの上記6人の女優さんでも、私のイメージでは、吉永さん、栗原さん、岩下さんです。この3人に絞られます。
岩下さんは、若い頃、昔、山本周五郎原作の「五べん(字が難しい)の椿」の主役を演じたときの美しさは際立っていた記憶がありますから。

彼女たちが主役です。
そして、敢えて一人選ぶとすればここはやっぱり吉永小百合さんです。
以前、私は彼女はDID心をくすぐらない女優と言ったことがありますが、数年前から認識が変わり、ツボに嵌るとある意味、萌え萌えの女優さんだと思うようになりました。

吉永小百合さんを主役にさせていただきます。
彼女の名前は、執筆中の時代劇のお姫様の名前である「桐花(とうか)様」にさせてください。

時代劇「亜美と怪兵」の脇道話

5章

今回も妄想話の続きです。
最近、私は頭の中でこんなシュチを妄想してます。
昔、東映の時代劇全盛時代。
片岡千恵蔵さんや市川歌右衛門さんが大御所だった時代。
もっと下って大川橋蔵さんや市川雷蔵さんが若きスターだった時代。
一年間に何十本と時代劇映画が作られていた時代。

こんな時代劇の全盛期は、どんなストーリーの映画シーンでも、真面目に作っていたような気がします。

今日は、時代劇全盛時代にこんなシーンがあったら良かったのになあ~というシーンを書かせてください。つまり妄想です(笑)

まずは、その妄想の元になった時代劇から話を進めます。
1967年の映画「大奥マル秘物語」佐久間良子主演。
この中で佐久間さんが、白布の噛ませ猿轡シーンがあります。
私のランキング42位です。
噛ませといっても、軽く布を噛んでる程度で、猿轡としては非常に物足りないシーンですが、何といっても天下の大女優の貴重な猿轡シーンですから、ランキング入りさせた作品です。
もちろん時代劇です。
ストーリーは忘れてますが、おおよその内容を記載します。
大奥の女中だった佐久間さんは、将軍から見初めされますが、城外に恋人がいて、将軍からのアプローチを拒絶し、更には江戸城外で恋人とデートします。
その最中に連れ戻され、大奥の部屋に監禁、緊縛猿轡されるのです。
正座して監禁されている佐久間さんの傍には、見張りの女中が座っています。
そこに中老(早い話が、大奥の女ボス)の山田五十鈴さん演じる中年のオバサンがやってきて、猿轡までされている佐久間さんをみて驚きます。
「これは、なんとしたことだ?」と見張りの女中に問いただしますと、見張りの女中(若い無名の女優)は「舌を噛もうと致しましたので!」と返答します。

その根のきつさに、ムッとした山田五十鈴さんは、気分を壊す表情を投げつけて部屋を出て行くのです。
後には、猿轡を噛んで、じっと耐える佐久間さんの綺麗な横顔が映し出されます。
映画館のスクリーンで見たら、美しかったと思います。
佐久間さん、綺麗でした。

また、時代は平成になり2002年にあった、子連れ狼(北大路欣也主演)でも、
山口リエという女優さんが、竹轡を噛まされて監禁されていて、傍らには見張りの女優がおり、そこに女首領役の古手川祐子さんがやってくるというシーンがあります。
「これは?」と古手川さん
「舌を噛もうとしましたので」{ですから、さるくつわを噛ませたんですよ!}という意味がドキリとしました。
山口リエという女優さんの竹轡アップシーンあり。

この二つのシーンが頭の中から離れません。

これの尼僧バージョンが昔あったなら!と思います。
次回は、誰だったらこのシーンが萌えだったか?



時代劇「亜美と怪兵」の脇道話

4章

昔、昭和30年代、日本映画全盛時代、更にはたくさんの時代劇映画が作られていた時代。
何か「日本尼僧物語」なんてタイトルの映画があったかもしれません。
また日活ロマンポルノでも、尼僧のエロを描いた映画があったかもしれません。
更には洋画でも「修道院物語」なんてタイトルのエッチ系の映画があり、丸坊主の白人女性のボンデージシーンがあったかもしれません。
見たような記憶もありますが、明確に憶えていません。
現代では、そんな陳腐なタイトルで安っぽい作りのポルノ映画なんて誰も作らないし
見もしないでしょうね(笑)。
今更作って欲しいわけではないんです。

でも、現代は私のような昔人間には想像も出来ないような技術が発達していて、極めて精緻なイラストやまるで本物そっくりなCG技術なんかも発達しているんですよね。
また、アイドルコラージュ(アイコラ)なんて世界もあって、女優さんやアイドルの顔と全裸の身体を巧妙につなぎ合わせて本物の女優さんが裸になったような写真も作れるですよね。
誰か本当に、ひとめで女優の誰々さんと判る様なイラストで、この構図を再現してくださらないでしょうかねえ。
カラーではなく、モノクロのイラストとかモノクロの写真が余計エロチックな感じする気がします。
ひとめで、女優の誰々さんのイラストだと判るような緊縛画です(笑)

文章を書いているうちにドンドン妄想が膨らみます(笑)
ベストワールドと思って笑って読んでください。

この文章を書きながら、二つの清楚な女性の昔の映画のシーンが脳裏に蘇ってきました。
一つは「男はつらいよ」で吉永小百合さんがマドンナで登場した映画。
白いブラウス姿で、細く括れたウエスト。
そして背中にはブラジャーのバックスタイルがくっきりと透けていて、透けブラフェチの私は萌え~となりました。
日本を代表するスーパー女優。清楚な女性の代表と言ってもよい女優。
吉永小百合さんが清楚さでは私の中の横綱です。

もう一つは「ローマの休日」のオードーリーさんです。
映画はモノクロですが、ここにも白いブラウスの背中にオードリーさんの見事なくっきり透けブラがありました。映画を見たのは何十年も前ですし、最後に見てからも随分経ちますが、どんな形のブラジャーのバックスタイルだったかまで今でも鮮明に脳裏に刻まれています。

長身でウエストが細く、綺麗な背中のシルエット、スタイル抜群、その上、顔立ちが綺麗で、しかも清楚で可憐な王女様の透けブラ。
この映画を見て非常に強烈にドキリとし、萌え萌えになった記憶があります。
オードリーさんには、尼僧物語という主演映画がるようですが、剃髪はされていないと思います。シスターが被る布だけだと思いますけど・・・・・。
とにかく、ローマの休日の中のオードリーさんが、美しさでは西洋の横綱ですね(笑)

この二人のこの若い時の顔を使ってイラストが作れないもでしょうか(笑)
東洋と西洋の代表女優の尼僧姿。
二人とも頭は見事に剃り上げたツルツル頭です。ここが萌えポイントです。
真っ白な透き通るような肌に千鳥柄の日本手拭の猿轡。
もちろん大好きな結び玉を作った厳しい噛ませです。
しっかりと詰め物をして、キュッと絞った結び玉が口に嵌めこまれ、上下の唇でしっかりと銜え込んでいます。
姿勢は床に背中をピンと伸ばした正座姿。
頭を上げ、真正面を「絶対に屈服しないわ!」的な表情でしっかり見据えています。

以前の私なら、ここでブラジャーとショーツ姿なんて書いていたと思うのですが、最近は少し趣向が変わり、ここはやっぱり全裸にひん剥きたいですね。
胸の上下に縄が掛けられ、後ろ手に高手小手にキリキリと縛り上げられています。

むしり取られた白いブラとショーツが床に散らばっていた方が絵になるのかもしれません。

イラストを見た人が、あきらかにモデルは吉永さんやオードリーさんとわかるようなイラストだったらどんなに素晴らしいでしょう。
乳房は小ぶりで乳首がツンと上を向いた若くてピチピチの素肌。
そして本当に細くて折れてしまいそうなほどのウエスト。
尼寺か修道院で女同士で折檻されているのを想像出来るような絵が見たいです。

この二人のチョイスって皆さんいかがですか?(笑)
次回も妄想話の続きです。

時代劇「亜美と怪兵」の脇道話

3章

では、今日から将軍家のお姫様が、尼僧になり災難に遭遇される執筆中の物語から派生した脇道話を本編に先駆けて連載します。
皆さんは、昔、西遊記というドラマで、当時の天下の美人女優、人気実力ともに若手NO1と言われた夏目雅子さんが出演されていたのはご存知ですよね。
1978年にスタートしたドラマです。

美人の誉れ高かった夏目雅子さんが三蔵法師役で主演でした。
売り出し中のナンバーワン美人女優でしたから、彼女の秀逸噛ませ猿轡シーンを熱望して妄想していた頃です。
私は思春期の真っ最中でした。
当時、夏目さんは21歳です。
西遊記の三蔵法師の役に夏目雅子さんが演じると知った時の感情を思い出してみますと、正直がっかりの方が強かった気がします。
その理由は、演じている役が、男性僧侶の役であること。
これではやはり萌えませんでした。
そして二つ目は、あの姿で仮に噛ませ猿轡シーンがあっても、これまた萌えないと思ったからです。
あの坊主頭では、DIDの魅力半減ですし、帽子のような頭巾を被った上から猿轡でも、せっかくの美貌が台無しです。
仮にドラマの中で彼女が猿轡されても当時なら評価はきっと低かったと思います。
残念ながら猿轡シーンは被せすらありませんでしたけど。

こんな番組に出るより、普通の時代劇にレギュラー出演して、普通の着物姿、女性らしいカツラ姿で猿轡を噛まされて欲しい、そんな番組出演に力を注いで欲しいと当時は思っていました。
夏目雅子さんの時代劇での完璧な噛ませ猿轡シーンを私は熱望しておりました。
皆さんはいかがでしたでしょうか?

でも、最近、というより小説を書くようになり、いろんな妄想に耽るようになってからのことです。
ネット社会になりストライクゾーンが広くなり、また守備範囲も変わってきてからのことです。
夏目雅子さんや、その次の二代目の宮沢りえさんのような顔立ちの整った美女・美少女が、尼僧の姿で緊縛猿轡されるのって、もの凄くエロっぽいと想像するようになったのです。
特に夏目さんは、坊主頭の形がとても整っていて綺麗でしたね。
端正な顔立ちの美女の剃髪された姿が、エロいと思えるようになったのです。

皆さん、こんな姿を頭の中で想像してみてください。
若かりし頃の夏目雅子さんや日本一の美少女と言われた宮沢りえさん。
あるいは、清楚さがずば抜けていた二十代の頃の吉永小百合さんがイメージぴったりです。

衣装は、三蔵法師ではなく、黒い袈裟を纏った日本の尼僧です。
小顔でとても端正な顔立ち、目鼻立ちがくっきりした凛々しい表情。
白く透き通るような肌に青く剃り上げられた形の良い頭。
そんな美女がですよ、畳の上に正座して、後ろ手にキリキリと縛り上げられ、胸縄をされて乳房の膨らみが浮き上がり、さらに口には、白い素肌と青いツルツル頭にコントラストが鮮やかな例えば青系の手拭で結び玉を作った猿轡を唇を割って厳しく噛まされている。
いかがです。
毅然と凛々しい顔で結び玉をくわえ込み、色鮮やかな猿轡を噛み縛っていたら。

普通の武家女や町娘役での猿轡顔より私は萌える気がします。
清楚な剃髪の尼僧と結び玉手拭の猿轡。
何かもの凄くエロティックで、DID心がそそられる気がするんです。
今の私の中では、萌え萌えです(笑)

考えてみたら、日本のドラマや映画で頭を剃り上げた尼僧が猿轡されるシーンって思いつきません。何かありましたっけ??
昭和の頃、日活ポルノではあったような気もします。
現代で、モデルさんを使って撮影しようとしても、ツルツル頭での撮影は厳しいはずです。
もちろん、三流のグラビアアイドルならなんとでもなるのでしょうが、求めているのはそんなシーンではないんですよね。
美人で清楚で気品があって凛々しくて、その上高貴な雰囲気が演技出来、しかも知的であること。そんなモデルを使ってのリアルな撮影です。
こんな尼僧の猿轡シーンに共感いただける方は是非拍手をお願いします。
次回に続く。


時代劇「亜美と怪兵」の脇道話

2章

執筆中の時代劇の内容を少し書きますと、「亜美と怪兵」の時代劇バージョンのようなもので書き始めています。というか、登場人物が同じなだけです(笑)

主人公は、林亜美という名前の長身スレンダーの凄腕の女剣士です。
まあ、私が書く小説ですから、昔からこのブログをお読みの方ならどんな小説かくらい大体想像がつくと思います(笑)
今日からしばらくは、その執筆中に湧き起こった妄想話を書かせてください。

ところで、その小説に、とても高貴な身分の女性を登場させようとしています。
天皇家や将軍家のお姫様の役柄です。
最近は熟女ネタが好きになってしまった私ですが、この高貴なお姫様は本当に若くてピチピチのプリンセスをイメージしました。
お姫様やプリンセスのDIDシーンは、ストライクゾーンが一箇所しか持ち合わせない私ですから(笑)、長年このブログの読者であれば、これまた、どんな女性になるかは想像出来られると思います。

また、若いといってもティーンではなくやっぱり二十歳は少し過ぎておられますけど。
そして、書いていくうちに、このプリンセスは、出家され、尼僧になって、暮らしておられることになってしまいました。
高貴で気品があって、気位があり、物静かで、穢れをしられず、清楚でおしとやかで、それでいて芯の通ったしっかりした考えをお持ちの女性。
こんなお姫様が、皇室や武家の慣わしで、出家され尼僧になり、物静かにお暮らしになっている。
こんなお姫様がDIDに遭遇され、そのことが縁になり、その後、悪を懲らしめるために、数人の剣の達人の美人剣士たちを従えて、世直しをされる。
そんな風に物語は広がっていく予定です。
主役の林亜美もその美人剣士集団の一人です。
そんな時代劇小説です。
時代劇版プレイガールでしょうか(笑)
出演者も決まっています。
シリアスでニヒルな女剣士の林亜美。
他には同じく長身スレンダーで明るいスポーツウーマン出身女優が演じる正反対の活発な性格の女剣士。
二人とも松坂慶子さん演じる紫頭巾くらい剣の達人という設定で、仲良し名コンビです。
他に美人女医で、明るくて知的で聡明で、そして中国武術の達人。
あと一人は、くの一で、女盗賊出身で、諜報活動役の、表の顔は妖艶な美人芸者。
そして首領は、高貴なお姫様の尼僧。この方だけは武術はたしなみません。
今の構想では、お姫様は、将軍家の公方様の双子の姉妹の妹という役柄になりそうです。
(今後変更あり!)
この美女5人集団が主人公の時代劇です。
女だけの大江戸捜査網の隠密同心でしょうかねえ(笑)

そして、その世界に入り込むきっかけとなる事件に巻き込まれて、DIDに遭遇されるシーンを執筆し彼女のことを脳内でイメージしていく中で、色んな妄想が湧いてきました。
次回から数回に渡り、執筆中の小説の余禄とも言うべき妄想・脇道話を本編に先駆けて連載させてください。本編筋書きとは関係ありません。
何か急にこの話を膨らませたくなったのです。お付き合いください。

時代劇「亜美と怪兵」の脇道話

 1章

実は今、時代劇小説を執筆中です。
すでに書き終わっている小説の続編です(その書き終わった小説は未掲載です)
書き終わった時代劇小説ですら、実はまだしっかり推敲できておりません。
95%の完成でしょうか!
ですから掲載がいつかは不明ですし、現在執筆中の小説に関しては、尚の事、いつになったら完成出来るのかなんて想像も出来ません(笑)。
二つ併せると結構な分量です。

皆さんにお読みいただけるのは随分先のことだと思っています。
でもいつかは掲載します。
現在、気が向き、時間が空いたときにチンタラ書いています。

時代劇小説といっても、もちろん登場人物の女性が捕らえられて緊縛猿轡シーン満載です。
当たり前ですよね(笑)
何故時代劇小説を書くのか??
実は、テレビで時代劇の中で猿轡シーンなんて見ることがなくなったからです。
皆さんご存知のように、私は、猿轡ガチガチの「噛ませ派」です。
そして、やっぱり娯楽時代劇での猿轡シーンがダントツで一番好きなんです。
どうしても被せでは満足出来ませんし、現代劇もやっぱりイマイチなんですよね。
正直、被せ猿轡だと地団駄踏んで口惜しがる方です。
その娯楽時代劇がテレビから消えてしまってから随分時間が立ちました。

日本で、テレビ映画で噛ませ猿轡が登場し始めてのは、最古でも1960年代ごろからでしょう。
自分の感覚では、日本の時代劇の噛ませ猿轡シーンの95%はすでに視聴したと思ってます。
まだいくらか知らないシーンもあるかもしれませんが、ほぼ見尽くしたし、これ以上胸キュンなシーンには出会わないと思ってます。
正直、知らないシーンはごく僅かのはずです。気に入った猿轡シーンは堪能し尽したというのが、正直な感想です。見直せば興奮しますが、新しい妄想は生まれません。
また、これから日本に時代劇ブームがやってきて、江戸を斬るの松坂慶子さんや雪姫の片平なぎささんのシーンのような一級品作品を視聴出来るチャンスはほぼゼロだと思ってます。
あんな勧善懲悪の水戸黄門的な娯楽時代劇が復活するなんて、残念ながら、もう、あり得ないはずです。
いくら脳内で想像しても、今後、例えば北川景子さんや石原さとみさんが、あるいは、堀北真希さんや綾瀬はるかさんが、時代劇で厳しい結び玉猿轡をしっかり噛み締めるシーンなんて拝めるはずがないと感じてます。
ですからもう、新たな時代劇での猿轡胸キュンは過去未来の作品を問わず、皆無だと思うのです。
残念ながら時代劇猿轡マニアは諦めるしかないと思うのです。
皆さんもそうお感じのはずです。

また、昔の時代劇黄金時代に、タイムスリップして栗原小巻さんや吉永小百合さんが「こんな猿轡噛まされたら良かったのになあ~!」と夢想してもすることも空しいのです。
散々空想しましたが、疲れました(笑)

そこで、それなら、自分で、理想の時代劇ドラマを書いて、憧れの女優演じる武家娘やお姫様が、びんびんの猿轡を噛まされるシーンを作ったほうが、どれだけマシかと思うようになったのです。
自分の脳内で理想のヒロインを作り出演させて、猿轡をシーンを文章で再現する。
まだこっちのほうがトキメキます。
実在する女優さんで妄想も結構なんですが、やっぱり頭の中で理想形の女性を作り上げるのも楽しいのです。
続く。



 | BLOG TOP |