FC2ブログ

プロフィール

ベスト

Author:ベスト
ここは、自分のこだわりを書き綴った場にしたいと思ってます。小説はすべて私の頭の中の妄想・空想を書き綴っています。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ランキング-20位

『20位』
山口いづみ
水戸黄門9部 命を懸けた忍びの掟 

昔読んだDID系の他の掲示板で松坂慶子、片平なぎさ、宮園純子、山口いづみの4人称して「猿轡女優四天王」といって評価されて方がおられるのを読んだことがあります。私も全く同感ですね。全くその通りだと思います。
そのネームバリュー、女優の格付け、猿轡シーンの量とその質。やはりこの4名が抜きに出ていると思います。
しかしながら、私自身、お世話になった回数と興奮度から、山口いづみさんには今回は20位にランキングさせてもらいました。

彼女は、指を折っただけで(それも全て時代劇で、被せも含めて(結びコブを口の上から被せているようなユルいシーンも含めて)10回は猿轡シーンを思い出すことが出来る稀有な女優です。

私が、最初に彼女を意識するようになったのは、中学時代に再放送で夢中になって見ていた「雑居時代」でした。4姉妹の末っ子役でした。主演の大原麗子より、友達の間では、彼女が一番人気がありました。ひとつには、学校で凄く人気あった女生徒と目元というか
鼻から上が非常に似ていて、それが、仲間の間でも人気があった理由かもしれません。
とにかく山口いづみさんは、眼が特徴的で、すごく魅力的な眼の女優さんでした。

このシーンを書くに当たって、彼女の経歴を見ましたら、彼女のデビューはアイドル歌手だったんですね。確かに雑居時代以前にも彼女の存在を知っていた記憶があります。
歌番組で見てたのだと思います。

中学時代、ある意味もっとも猿轡シーンを見たいアイドル女優であったような気がします。
女優に転向した後、時々時代劇にゲスト出演するのですが、中々猿轡シーンが見れません。
そして「江戸の旋風・娘心の秋」で初めて猿轡シーンを見せてくれた時の興奮は今でも、はっきり憶えています。緩く結んだコブの猿轡を口の上から被せた程度の猿轡でしたが、当時はそれでも大満足でした。
被せではないし、ほんのちょっとでも手拭を噛んでいるように見えましたから、私の中では、「噛ませ」と認定し当時密かに作っていた女優別猿轡シーンの手帳に嬉しく番組名を書き込んだのを鮮明に憶えています。
その猿轡された顔の鼻から目元は、学校一の人気女生徒が猿轡をされているシーンを想像させるに十分なほど、似ていてそれも大満足でした。

その後、すぐに水戸黄門6部の初回や、江戸を斬るⅡ「濡れ鼠河内山早春」のシーンと立て続けに猿轡シーンがありますが、水戸黄門6部では被せ、江戸を斬るも滅茶苦茶ユルい結ぶコブ噛ませ(ほとんど噛んでいない)と凄くシュチエーションは素晴らしいのに肝心の猿轡が、全く気に入らない欲求不満がたまる猿轡が続きました。
この頃、正直彼女は「しっかりした猿轡を噛まされるシーンは絶対に嫌!」と駄々をこねているに違いないと私は思っていました。それくらい、彼女の猿轡シーンは噛ませが甘いものばかりでした。

彼女が「猿轡女優」として開花するのは、水戸黄門の志保役でレギュラーになってからだと思います。長くなりましたので、彼女の20位のシーンは次回に致します。

 | BLOG TOP |  NEXT»»