FC2ブログ

プロフィール

Author:ベスト
ここは、自分のこだわりを書き綴った場にしたいと思ってます。小説はすべて私の頭の中の妄想・空想を書き綴っています。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ランキングー18位

『18位』
山本ゆか里 長七郎天下御免 金襴緞子の陰で泣け

昭和50年代の時代劇で、本当によくゲスト出演していた女優さんです。
10代から20代前半の娘役が多かったですね。元アイドル歌手ですが、歌を唄っているのは記憶にありません。アイドルで女優さんですから可愛くて美人なのかもしれませんが、当時、同世代だった私にとって正直魅力的な好みの女優さんではありませんでした。
あまり好みのタイプの顔立ちではなかったと思います。
でも、いつもテレビで見ていましたから、一度はきちんとした猿轡を見たいとも思っていました。頻繁に時代劇でみかける女優さんでしたから、思い入れが自然と生まれる女優さんでした。
この長七郎天下御免のシーン以外にも、被せとかチョイシーンとかの猿轡があったように思いますが、あまり記憶にありません。
このシーンが、彼女の猿轡で唯一思い出すシーンです。
このシーンもストーリーは全く憶えていません。
普通の町娘役でした。ある部屋に縛られ猿轡を噛まされて監禁されていて、斜めやや後ろからのアングルで畳みに座った彼女の姿しか記憶にありません。
猿轡された顔を横から映すのですが、その横顔が将に絶品なのです。
眼が大きく、お肌がゆで卵のようにプリプリでふっくらした頬の彼女に結びコブの猿轡がしっかり厳しく噛まされています。町娘ですから、綺麗な正座ではありません。
着物の膝を少し崩し、眼をやや床に落とし、猿轡を噛み締めながら、身動きせず、じっと監禁に耐えています。
「どうして私がこんな目にあわなきゃいけないの?」とつぶやいているような若い娘の姿です。その猿轡の噛ませ方があまりにも素晴らしいのです。
口の大きさと結びコブの大きさがぴったりと一致していて、口の中へのコブの入り具合、噛み締め具合が横顔からはっきり判ります。
プリプリの頬に締まる猿轡の手拭の締め上げ具合が本当に見事なのです。
猿轡を噛まされた女性の「絵」として将に絶品です。
このシーンは、台詞回しや囚われるシチュエーション、女優の魅力とか一切関係なく
ただただ、猿轡された姿に素晴らしさのみでランキングさせました。
前回の日下由美とこの山本ゆか里の2シーンは、女優の格付けやシチュエーションとか関係なく、猿轡を噛まされた表情の静止画が、「絵」として最高の名画であるがゆえに
ベスト20位入りさせました。

 | BLOG TOP |  NEXT»»