FC2ブログ

プロフィール

ベスト

Author:ベスト
ここは、自分のこだわりを書き綴った場にしたいと思ってます。小説はすべて私の頭の中の妄想・空想を書き綴っています。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


怪兵と亜美 第3弾

8章

今日は私と庄次のメールのやりとりです。
その内容を紹介します。
文章はほとんど、亜美が下書きして、私が自分の言葉に変えてメールしたものです。

≪お久しぶりです。裏窓怪兵です。急なメールご勘弁下さい・・・・・・・・・≫
こんな書き出して、会話が始まったのです。
お互いにDIDの世界では、何度も掲示板で会話したこともあります。
DIDの話なら、遠慮は要らない関係です。
旧知の仲です。
久しぶりの突然のメールが不自然に感じられないように急に盆土栄二の事を思い出し、暇だったのでDIDの話がしたくなったことに話を繕いました。
自然に「二人」はDID話に花が咲き、盛り上がりました。

そして2度目のメールで私は本題に入ったのです。
≪実は、昨日、「婦人のお供」という雑誌を偶然見ていて、綺麗な女性を描いたイラストを見つけましたが、その作者の名前が何と”盆土栄二”でしたよ(笑)、まさかご本人じゃないですよね≫
婦人のお供のイラストは、もちろん緊縛画などではなく、普通の女性画です。
もちろん油絵などではなく、ペン画であるが、まるで写真ではないかと思わせる精緻なイラストである。今回は、正装した妙齢の女性のイラストがあった。
≪ははは、実は本業は絵描きです。お目に入りましたか?ははは。メジャーじゃありませんから、中々目に付くことないですよね。複数のペンネームを持っているのですよ≫
≪いや~実に美しいイラストで感銘しました。そうなんですね・・・盆土さんは画家だったんですね。≫
≪いやいや、画家といってもイラスト描いたり、街で似顔絵描いたりが本業ですかね。盆土の名前での仕事は「婦人のお供」だけですよ、少しエッチな雑誌ですからね。真面目な雑誌は違う名前ですよ≫
≪へえ~そうなんですか? いくつも名前をお持ちなんですね。それじゃ、DID画なんかも描かれるのですか?≫
≪いやいや、DID画やSM画では中々メシは食えませんよ。描くのはあくまでお遊び程度ですよ。その手の雑誌の仕事をしたこともありませんよ。ははは≫

庄次自身、やはり世界各国で犯罪に近い行為をしただけに、公にDID画やSM画を描くことはありません。
そんなところから足が付く可能性がある為、直接の知り合い以外は縛り絵には興味なしを貫いていました。
例えばSM雑誌が、挿絵を依頼しても断るのです。
描いた絵がオープンになる可能性がある時は、断腸の思いで断っていたのです。

≪そうなんですか? いや~それは残念です。≫

そして、3度目のメールでついに罠を仕掛けたのです。
≪ご無沙汰です。怪兵です。確か、盆土さんも、私と同じように昔のテレビドラマの中の猿轡シーンなんかお好きでしたよね。≫
≪ええ、もちろんです。時代劇や刑事ドラマでのDIDシーンが私の性癖の原点ですよ≫
≪そうですよね。私と一緒でしたよね!!最近は、テレビでの猿轡が無くなって淋しいもんですよね。ところで、盆土さんはおいくつですか?・・・・たしか私とは同世代ですよね。・・・昔の女優に田坂令子って居たのをご存じですか? 実は私、彼女が大好きだったのです。もちろん、DIDの対象として、ですよ。細面な顔立ちでスレンダーでどこか頼りなげで陰性の知性を感じさせて・・・ドンぴしゃりのストライク女優だったんです。≫
≪もちろんよく知っていますよ、私も彼女とは同世代ですから、彼女のDIDには恋い焦がれた方ですよ。でもよく私と裏窓さんは嗜好が合いますね。私もかなり好みの女優さんでしたよ。実に綺麗な素敵な女優さんでしたよね、背が高くてスレンダーで・・・・・・彼女って猿轡シーンありましたっけ?≫
≪いいえ、彼女は猿轡処女のまま芸能界を引退したのですけど・・・・・それが最近、凄い情報を手に入れたのです≫
≪へえ~、何です。すごい情報って?≫

 | BLOG TOP |  NEXT»»