FC2ブログ

プロフィール

ベスト

Author:ベスト
ここは、自分のこだわりを書き綴った場にしたいと思ってます。小説はすべて私の頭の中の妄想・空想を書き綴っています。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


US様投稿小説「三匹のおっさん」 外伝

第2章

ところ変わってここは『酔いどれ鯨』。
今日はシゲの息子、康生は娘の奈々と幼稚園のお泊り会で外泊しており、シゲの妻、登美子と嫁、理恵子で切り盛りしていたのだが…。
まだ11時だというのに、店の外にはもうすでに『営業終了』の看板が出ている。
店内は妙な殺気に満ち満ちている。それもそのはず…。
よいどれの法被姿の登美子は腫れ上がった顔面を引き攣らせて、助けを求めようとするが…。
「おらおら、くそババアッ、舐めてんじゃあねえぞ!!」
熟女真っ盛りの登美子に労りの感情を微塵も見せず。ドスドスと鳩尾に拳を叩きこむ、明らかにカタギでない御仁。
「あううう~~~…」
「お義母さんッ!!」
悶絶しながら地面に這いつくばる姑を庇う、酔いどれ鯨看板娘の理恵子。
しかし、理恵子もただで済むはずはない。
文字通り親の仇をキッと睨む、美人の嫁さんは男たちに捕まり、羽交い絞めにされ、その頬を徹底的に張り飛ばされる。
「きゃッ、いやッ、ああッ」
と、理不尽な暴力描写で恐縮だが、このドラマ、庶民的なアットホームストーリーでありながら、リンチシーンは結構ひどいのである。
鼻血を流しつつ、カックンと項垂れる理恵子。
「よし、ババアも嫁も縛り上げろ!!」
法被姿の熟女と若奥さんの緊縛絵図がたちまち完成だ。

「だ、誰かァ、たすけてぇっ、むぐぅ~~!」
登美子は往生際悪く、助けを求めようとしたが、テーブルにあった手ぬぐいをググッと突っ込まれる。
醜く歪む登美子の顔面をせせら嗤う男達。
さらに登美子の口の上から粘着テープをべっとりと張り付けた。
完全熟女の醜くも卑猥なギャグフェイスが完成した。
「この街の救世主のおっさんが、テメェの家族は守れねぇなんて滑稽だねぇ…。おっと、嫁さんの口にもキッチリ猿轡、噛ましとけッ!!」
「あぁ…お、お義母さ…ああんッ」
姑を労わるように見遣る、出来物の嫁さんには、普段シゲが俎板に向かう時使うであろう鉢巻きが捩じりを入れられ、理恵子の背後から前歯にカキッと噛みこまされる。
やがて、こちらはなかなか艶めかしい猿轡顔が完成した。
「倅の嫁の方はともかく、とんだババアまで誘拐とは貧乏くじ引かされたぜ!! よし、連れてけ!!」
かくして立花家の女二人、シゲの古女房と可愛い自慢の嫁も襲撃を受け緊縛され、キヨの妻と嫁に続き謎の男たちに捕まってしまったわけだ。
メンバーの中ではボスらしき男が呟く様に言う。
「それにしても、あの剥げた親父の家に行った奴は得だよなぁ、羨ましいぜ、あの女子大生を…グフフフ…」

賢明な読者の皆様ならお判りであろう。
この番組の華、といえば、ノリの愛娘にして女子大生、有村早苗である。
キヨとシゲ二人の女家族がさらわれた以上、彼女もまたターゲットにされることは当然だった。
嗚呼哀れ早苗ちゃん。その状況を実況していくこととする…。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://besuto.blog104.fc2.com/tb.php/1060-3097d4f8

 | BLOG TOP |