FC2ブログ

プロフィール

ベスト

Author:ベスト
ここは、自分のこだわりを書き綴った場にしたいと思ってます。小説はすべて私の頭の中の妄想・空想を書き綴っています。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


お返事4

貞吉様。

ありがとうございます。谷ナオミさんの「縄化粧」って映画館に見に行った記憶があります。中身は憶えていませんが・・・・高校生だったと思います。高校生の私にとって谷ナオミさんの魅力はまだ分かりませんでしたが・・・・あの頃、好きだったのは原悦子さんでしょうか(笑)・・・・大学生の頃なら高倉美貴さんが好みの顔でしたね・・・・でも、あの当時は、日活ロマンポルノしかなかったから仕方なかったんですけど、今から考えるとDID好きにはストレスが溜まる内容でした。なんといっても猿轡が圧倒的に少ない・・・・声を聞きたいというリクエストが多かったのでしょうか?・・・・「そこは猿轡だろ!!」と思うような誘拐シーンでも、猿轡はなかった・・・・泣き叫ぶ女性の姿は、正直萌えないものが多かったですね・・・・団鬼六さんって、DIDマニアの心は理解していませんでしたよね。
それから、次の不満は、猿轡の種類でしょうか!!
ボールギャグならまだマシなほうで、突起物を口入れる革のギャグだったり、手拭も被せも多かったような気がします。こちらは映画代金払って噛ませ猿轡を見に行っているのに・・・・
テレビと違って詰め物が時折あるのは、少しは嬉しいのですが、それでも被せ猿轡なんかだと、「お金返せよ~!!」と心の中で叫んでいました。高校生や大学生の頃から噛ませ派だったんですね(笑)
それから、噛ませであっても、結びコブ噛ませはほとんどなかったような気がします。

詰め物あり+結びコブ噛ませなんていう日活ロマンポルノって記憶がないんですよね。

そして最後に日活やその後普及したアダルトビデオに詳しい方へ
なんか日活ロマンポルノやその後のAVに登場する布猿轡って、豆絞りが多かったような気がします。
谷ナオミさんの猿轡っていつも豆絞り柄だったような気がします。
手拭は、豆絞りまたは白無地の布・・・・こればっかりだったような・・・・正直これで輪をかけて萌えなかったような・・・・

時代劇に出てくるような日本の古典的な手拭の柄ってなんで使われないのかな?なんていつも思ってました。アクセントのある柄の手拭で結びコブを作り、口に嵌めこまれた結びコブの柄を見ながら、撮影現場を想像するなんてシーンは、ロマンポルノやアダルトビデオでは見た記憶がないんですよね・・・・
あの豆絞りって、製作側が安直に手拭を選んでる気がして、なんかイヤなんですよね。
もっとも私の記憶も随分前のもので、最近はまったく知らないんですけどね・・・

谷ナオミさんから色んな妄想になってしまいました


優子ファン様

この妄想話は、最高にグッドですね。
私の執筆中の小説に使わせてください。
私も似たような妄想があったんで、書き換えさせていただきます。

でも、テレビの中の美人女優と悪役女優との絡みが、リアルに撮影が終わってから繰り広げられるなんて・・・・・想像するだけでかなり来ますよね。

申し訳ないですが、宇都宮雅代さんと弓恵子さんや白木万理さんだけで終わらせるにはもったいない筋書きです。

黒木瞳さんとか、松嶋菜々子さんとか米倉涼子さんなんかをモデルにして優子ファン様の文章も読みたいほどです・・・・実際のドラマは、悪女役が菜々緒さんだけど、マンションに戻ると有村架純さんが、責め手に変身して猿轡噛ませまくり・・・・なんて。
この筋書きは、いろいろ使えますね・・・・

ところで、大岡越前が数年前から東山でリメイクされてますが、雪絵役のミムラさんはどんな評価なんでしょうか?
実は大岡越前リメイク版は見たことがありません。そろそろ雪絵役が誘拐されるなんてネタがあっても良さそうですけどね(笑)

コメント

いつもコメントありがとうございます。今日の話は脳内がメッチャ活性化されました。雅代さんとケイコさんを使って私がショートストーリー書きたいくらいです(笑)
優子ファン様 是非この構想でテレビ脚本&実生活物語をお願いします。
しかし、ここでケイコさんですか!!
恵子さんと想像します。攻守が逆転なんかしませんかね?
それも興味深いです。
例えば千春さんもいいですが、当時の同世代の吉永小百合さんとか松原智恵子さんなんかゲスト出演しませんかねえ(笑)
とにかく痺れる内容で、創作意欲が湧いてきました。
ありがとうございます。

心身ともに慕っているケイコの口から別の女性の名前を聞いて、燃え上がるような嫉妬を感じる雅代。ケイコに縛られて可愛がられている最中だからこそ余計に心がざわめきます。
「同心の娘で千春って役柄よね。雅代のような気品は無いけど鼻筋も通って澄ました小娘で可愛がってあげたくなるのよ。ふふっ・・、嫉妬してるのかしら?私の方が可愛いわよって表情ね。その潤んだ瞳・・大丈夫よ。雅代を見捨てるわけないじゃない」
優しい言葉をかけられただけで益々ケイコの虜になっていく雅代、ケイコが喜ぶ表情と仕草で身体を預けていきます。
「少し前に監督に頼んで千春さんが誘拐される設定でのお話を作っていただいたの。悪女は私じゃなかったけど反応を見てピンと来たわ。あの子も貴女と同じ匂いがするの。」
「くどくのは簡単だけど、まず雪絵と千春が捉われの身になってしまう話を撮影してからでも遅くはないわ。雅代もお友達が欲しいでしょ。その撮影の時にはうんといい表情や演技をするのよ。そうすればあの小娘はこちらに落ちてくるわ」
明日の撮影のシーンだけでも胸がいっぱいなのに、新しい話の構想まで聞かされて胸が締め付けられるような被虐感で酔ってしまっている雅代さん。まだまだケイコのねちっこい責めは続くのです。

少し妄想モードに入りましたので・・・例によって時間の順番や時代はめちゃくちゃです。これから悪女をケイコさんとします。

撮影が終わってケイコのマンションに戻ってきた雅代さん。さっそく先に戻っていたケイコがからかいます。
「お疲れ様、今日はいい味出していたわね。監督に頼んでおいた甲斐が有ったわ。どうだった?縛られて猿轡まで厳しく噛まされて雲助どもに籠で運ばれた気持ちは?ジュンってきちゃったんじゃないのかしら」
「・・・そんな・・・だってお仕事ですもの・・・」
「あら強がって可愛いわ。でもこれで視聴率アップは間違いなしだわ。監督も喜ぶわよ」
「えっ?・・・どういうことですか?・・・」
「この前の雛祭り事件っていう回ね、ラテ欄の番組紹介で雅代が捉われになって私に引っ立てられているシーンの写真を出してもらったの。そのおかげだと思うけど視聴率がグンと上がったんだって。きっと全国の変態どもが雅代をおかずにしたくてチャネルを合わせたのね。放映時間は何していたの?きっとゾワゾワしたんじゃない?」
「おかずって・・・どういうことですか?」
「貴女のような高貴な奥様面の女性が誘拐されて縛られるだけでなく私のような悪女役にからかわれて虐められて惨めな表情に興奮する変態って意外と多いのよ。だって貴女がされて喜んでいるんでしょう?それを見て喜ぶ人も同数だけ男性側にも居るっていうことよ。あっ・・おかずってね・・・貴女のシーンを見ながら自分で慰めている少し可哀想なことかな?」
雅代はおぞましい気分になってきたが満更でもなかった。自分のああいうシーンを見て喜んでくれる方々が居る。それはそれで女優冥利とも言えるのでは?って考えられなくもない。
「男性だけでなく同性でも居るんでしょうね。興奮して見ている人って。だって私も同じドラマに出ていなければ絶対に羨ましいって思ったはずだから。あっ羨ましいのは雅代を縛る側の立場の役目の人にだからね。私は雅代みたいに縛られて喜ぶ変態じゃありませんわ」
「そんな・・喜んでいるなんて・・・」
思わず言葉では否定する雅代だが撮影現場でさえ縄を持って相手が近づいてくると身体の奥底からうずきが湧き上がるのは自覚している。ケイコとの関係もそんな相談を不覚にも打ち明けてしまったから始まっているのだ。
「さあ、明日の撮影では私が登場して隠れ家に貴女が連れてこられるカットからね。厳しく猿轡をされて運び込まれるから一旦猿轡を外して水を飲ませてあげるわね。そこで言葉のやり取りをした後は自害されないように竹轡に変えてもらうよう監督には頼んであるの」
「竹轡って何ですか?」
「貴女のような大事な人質が捉われの身になってしまった自分をさいなんで自害してしまわないように舌を噛ませなくさせるためのものよ。瘤を作った布だと演出に欠けるからね。あらっ?楽しみでうずうずしてきたのかな?」
ケイコはいつのまにか縄を用意しており雅代を縛り始めている。
「明日の予行演習よ。いい子ね、自分から身を委ねてきて、可愛いわ。じゃあまず今日の設定での瘤付き手ぬぐいを噛ませておくわね」
「ううん・・・うぐっ・・・・」
今日はスーツ姿の雅代だったが気分はすっかり時代劇の奥方様に成りきって首を左右に振りながら身体をくねらせている。
「今回残念なのは連れの小娘を一緒にかっさらわなかったことね。少し好みじゃなかったの。今度は脚本と監督にお願いして、もう一人も一緒に誘拐するお話を作っていただくわ。同心の娘役の早苗ちゃんって私好みなんだ~。同心の娘と奉行の奥方の二人を人質にする悪党って何をたくらんでいるんでしょうね?二人とももちろん縛っちゃうけど私が早苗ばかり相手にしていたら雅代はきっと悶々するんじゃないかしら?楽しみ~」
「ううっ・・・・んんん・・・・・」
「あら、さっそく早苗に嫉妬して感じちゃったのね。でもまずは明日の撮影に全力投球しなきゃね」

長くなってしまいました・・・。またコメント投稿するかもしれません。




再び雅代さんネタで申し訳ないのですが、高貴な奥方様がお連れの娘とお出かけ中に、ならず者達に囲まれて捉われていく描写が好きです。小娘と一緒にさらわれてしまうのもありですが、小娘を先に悪者に抑えられてしまい、やむを得ず捉われの身に落ちてしまう方が如何にも正義漢が強い奥様だからという感じで興奮します。
奉行の奥方ですから一通りの武芸はたしなんでおられ当初は悪党どもは簡単に捉えることが出来ずに手を焼いてしまいます。そのときに「おい、おとなしくしねえとこの小娘の命がねえぞ」と言われ勇敢に戦う雅代さんが声の方を見るとお付きの女性が捕まって刃物を突き付けられています。
「何てひきょうな真似を・・。あなたたちの狙いは奉行の妻の私だけでしょう・・・早くその娘を離しなさい」
「わかってるんじゃねえか、それじゃあ暴れないで大人しくしな。それならこの小娘は助けてやるよ。さっさと手を後ろに回しな。」
無念そうな表情で手を後ろに回す雅代さんに縄を持った悪党どもが駆け寄り雅代さんの手首をねじり上げて高手小手に縛りあげ胸縄を掛けていきます。「あっ・・何をする・・無礼者・・・」覚悟していたとはいえ思わず無念のセリフが口をついて出てしまいます。
「この手紙を大岡に渡すんだぞ、そのためにお前は助けてやるからな」といって小娘に当て身をくらわせると小娘は崩れ落ちます。
ほどなく雲助どもが運んできた籠に押し込まれる縛られた雅代さん。
「大岡に忠義だてて自害でもされたら元も子もねえ。これを噛ませておけ」と瘤を作った布を受け取った雲助はひわいな笑みを浮かべながら雅代さんの頬に食い込まんばかりの力で猿轡を噛ませてしまいます。「ううっ・・・うんうん」首を左右に振る雅代さんです。
運ばれていく籠の中のシーンがアップになります。「ううん・・・ううん・・」お出かけの上品なお召し物と高貴な帯で着飾った雅代さんの上半身には無残にも胸縄が乳房を上下から挟むように何重にもかけられています。雅代さんはその不自由なお体をくねらせながらもがいていますが移動中の籠の中なので街行く人々は気づいてくれません。こうして悪の隠れ家に運ばれて首領の悪女の前に引きづり出されるのです。今日は収録の無い悪女役の女優は撮影に来る必要はなかったのですが、この収録を興味深く見ています。

コメントありがとうございます。このネタ採用させていただきます。今日は仕事中もこのネタの構想で頭がいっぱいでした。
私も最近はテレビを見ませんので、どうしても20世紀の女優さんになってしまいます。女優同士じゃなくて、女性監督や女性脚本家なんてのもありかもしれません。またコメントお願いします。やっぱりこんな会話をしないと妄想は広がりませんね(笑)

BS水戸黄門も終わってしまいましたね。一回だけ有ったようですが萌えなかったです。やはりマリコ様じゃないと。
妄想ネタはどうぞご採用ください。至極光栄です。雅代さんからの発想だったんですが勿論ほかの方々でも結構です。テレキンのシーンや設定はもとより台本を手にして自分のDIDを知ったときや撮影現場での進行時の女優さんの心情を妄想していくとこういう話になってしまいました。最近の女優さんでも考えてみたいのですが、なかなかそういうシーン自体が無くどうしても昔の時代劇シーンがベースになってしまいます。井川遥さん、伊東美咲さんなんかも可愛いのですが品格が感じられず、やはり黒木瞳さんや壇れいさんがセレブ奥様がお似合いですね。若い子ではリンチぽくなってしまうので想像が膨らまないのです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://besuto.blog104.fc2.com/tb.php/1078-361e43e7

 | BLOG TOP |