FC2ブログ

プロフィール

ベスト

Author:ベスト
ここは、自分のこだわりを書き綴った場にしたいと思ってます。小説はすべて私の頭の中の妄想・空想を書き綴っています。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


「怪兵と亜美」第4弾

6章

「ところが、翌日、また違うニュースが入ってきたんです。本当にすごいタイミングだったと思います。それは、仕掛け人の間では、血書瓶と呼ばれるものの話です。・・・・・つまり殺しを依頼する場合の契約書です。お互いは裏切らないように、自分の血液を注射で抜き、その血をペンで文字を書くんです。殺しの依頼内容と依頼者の名前、契約金額をです。それを依頼者本人と「幹」、「幹」と「蔓」との間で取り交わし、何故か名古屋の熱田神宮のお守り袋に入れ、さらにそのお守りを小さな小瓶に入れ、蓋を蝋で固めて封をしたものを、依頼者と仕事を請け負う「蔓」が相互に保管する。仕事が終わり、契約金が満額入金されれば、返却する。そんな決まりごとがあるんです。・・・・明治時代頃からの慣わしのようなんですが、この業界の決まりごとなんだそうです。実は去年、ある大物の国会議員筋から疑獄事件関係で殺しの依頼ごとがあったようで・・・・国会議員の秘書が殺されたそうです。・・・詳しくは私なんかしりません。交通事故死ということで処理されたそうです。ことが露見すれば大変な疑獄事件になったようだと聞きました。その仕事は池袋の「蔓」である「6代目・井沢の丹兵衛」が受けたと聞いています。・・・・・ところが、この井沢の丹兵衛が、何を狂ったのか、血書瓶を返還せずに、これをネタに強請をやったのです。井沢の丹兵衛の正体は、実は都議会議員で、「鈴木功」というのですが、自分の出世のために政治利用しようとしたんだそうです。とんでもない掟破りです。・・・・桔梗さんも言ってましたが、血書瓶での強請りなんて長い「蔓」家業で聞いたことがないと言ってました。業界の信用問題なんです。殺しの依頼者が大物国会議員で、与党の実力者ですから闇社会の面子は丸つぶれですよ。もちろん、そんなことがこの裏社会で許されるはずもなく、すぐに井沢の丹兵衛こと「鈴木功」は、裏社会の慣例通り始末されました。
酒を飲んで帰宅中に川に転落して事故死したと新聞にも載りましたが、殺されたんです。
ところが血書瓶の行方がわからないのです。女房を誘拐し詰問したらしいのですが、知らない、見たこともないの一点張りで、家捜ししても見つかりません。・・・・そして、最近、井沢の丹兵衛には、新宿のクラブのホステスの愛人が出来たとの情報があって、この愛人に血書瓶を渡したと思われるということになったのですが、今度は愛人が雲隠れしたんです。・・・・・・愛人の源氏名は、「蓮麗」。そして写真しかありません。本名を誰も知らないのです。そして、手配書として全国の「蔓」である闇の元締めに回覧された依頼書には、「蓮麗」の顔写真と血書瓶を見つけ出したものには、瓶の封が切られていなければ3億、血書だけでも1億の褒賞金を出すと書かれていて、女の始末は見つけ出したものに任せる。煮るなり焼くなり始末は自由と書いてありました。
長い長いこの仕事人の世界でも、こんなお触れが出回るなんて異例中の異例らしいのですが、とにかく裏社会は大騒ぎになったんです。
そして、その顔写真がなんと山崎三枝子だったんです。廻っていた写真は、不鮮明なものしかありませんでしたが、私たちには玄竜さんが送っていきた福岡のテレビ局時代の写真とよく似ていていると思ったのです。。
闇の世界でこれだけの懸賞金が出るのは、間違いなく珍しいと桔梗さんは言っていました。余程、闇社会の大問題で、しかも掟破りかが解ります。
この夜も私たち3人は、桔梗さんの家に集まっていました。そして、千冬さんが、こういったんです、{そういえば、施術の途中で、清水純子こと江上真希が、最近同居人が出来たって・・・そんなことを漏らしてたわ・・・・・私と彼女、歳も近いし、不思議と話が合うんでおしゃべりしながら施術するのよ・・・・}何かあんまり歓迎していない居候みたいな言い方だったと。江上真希と山崎三枝子が同級生であることや、2人とも脛に傷持つ過去があることを考えると江上真希の同居人は、お尋ね者の「蓮麗」こと山崎三枝子じゃないかとみんなそう思ったんです。・・・・・・もちろん確信はありませんでした。写真だって不鮮明でしたから、福岡のテレビ局時代を知っているものが見ても中々判りにくいものでしたし・・・・・・そして、ついに桔梗さんが決断したんです。この2人を捕まえようと。・・・もし、2人を捕まえ、血書瓶を見つけ出し、2人とも陰間寺に送り込んだら、総額6億の大金が手に入る。更には江上真希と山崎三枝子の存在は把握出来ている。桔梗さんは、このお金が入ったら「蔓」を引退し足を洗う気だったと思います。これが最後の汚れ仕事と言いました。


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://besuto.blog104.fc2.com/tb.php/1085-b0fbee61

 | BLOG TOP |