FC2ブログ

プロフィール

ベスト

Author:ベスト
ここは、自分のこだわりを書き綴った場にしたいと思ってます。小説はすべて私の頭の中の妄想・空想を書き綴っています。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


センセイ

実は昨年末、一人の読者の方からメールをいただき、その後何度か会話させていただきました。私と趣向が似通ったものをたくさんお持ちの方です。
やはり同好の方との会話は本当に刺激になります。
なんと言っても新しい妄想が生まれてくることです。
これは、その方との妄想から思いつきました。

昨年は、お騒がせの女性国会議員がたくさん居られました。
別に、「このハゲ~」と叫んだセンセイは、ストライクゾーンから大きく外れていましたし、「排除」と叫んだ方も、昔はストライクだった時期もあるのですが・・・・さすがに今はもうなんともフォアーボールです。・・・・・せいぜい「二重国籍」の代表の方なら、まだ小説に書いてみてもいいかなぁ!って程度でしょうか?・・・・でもやっぱり二重国籍の先生は、ボールギャグビンビンに噛ませて土蔵に放り込んで置くくらいしか楽しめないような・・・・・でも、最後に結構ストライクなセンセイが現れまして・・・・・「保育園落ちた死ね」で話題になり、年下のイケメン弁護士と性懲りもなく逢瀬を楽しむセンセイ・・・・釈明を拒否された頃からストライクゾーンに入ってきまして・・・・・非常に興味が惹かれます。
今日は、その方を志桜里センセイと呼ばせていただきます。
若い頃は相当お綺麗だったようで・・・・東大卒、検察官、そしてあの美貌・・・・ですから、志桜里センセイに恋焦がれた男は、昔からたくさんいたことでしょう。

でも、43歳になられた昨今・・・・少し、いえ、だいぶお太りになったようで・・・・・美貌の衰えは隠せないようで・・・・でも、同世代の女性と比較するとまだまだお綺麗ですが・・・・あの年齢のあのような性格の女性が好き嫌いはあると思いますが、私は結構妄想してしまうタイプです(笑)
ここからが私の妄想です

【新年の妄想】
彼女には実は囚われのお姫様に憧れる性癖があった・・・・でも、最近まで気が付かずにきた・・・・結婚した主人にはそんな性癖はない・・・・今まで検察官時代を含めて男を言い負かせた経験は無数だが、男から責められたことも、縛られたり猿轡された経験はもちろんなし・・・・でも、数年前に自分の口に猿轡を噛ませ、オナニーに耽ることを憶えた・・・・・そして、昨年、9歳年下のイケメン弁護士と知り合い、恋に落ちた。

彼との初めて夜・・・・・いきなり縛られたのだ・・・・・更には猿轡を噛まされて陵辱されたのだ・・・・・乱暴だが初めての経験・・・・そのレイプされるような荒っぽいSEXが忘れられない・・・・逢ってはいけないと思いつつ・・・・また逢ってしまう。

後ろ手に縛られ・・・・口に年下弁護士のブリーフを詰められてから、手拭に結びコブを作った猿轡をキチキチに噛まされて・・・・
「ほら、志桜里センセイ・・・・鏡の顔をみてごらん・・・・変な顔だよ・・・・ひょうたん見たいに括れた顔・・・・SM小説なんかだと洋ナシみたいに頬がくびれ!なんて言うんだよ・・・・まさにセンセイそんな顔だよ・・・・・はははは・・・・・・・ほら、何か言ってごらんよ・・・・俺が二日間履きっ放しだったパンツを今食べているんだよ・・・・どう?・・・・ご主人や子供さんが見たらなんていうんだろうね・・・・ママ、どうして猿轡されてるの?ママの顔が変だよ!とか言われるよ・・・・うぐうぐって呻くだけじゃわからないよ(笑)・・・・でも、最近ホント小皺が増えたんじゃない?・・・数年前に検察庁で会った時の志桜里センセイの顔は、もっと細くてお肌も綺麗だと記憶してるんだけどなあ・・・・今は、小皺がいっぱいだし・・・・化粧落とすとシミもいっぱいあるね・・・・ほら、口惜しかったら何か言ってごらんよ・・・・睨むだけじゃ駄目だよ・・・・でも、仕方ないよ・・・お肌の曲がり角、もうだいぶ過ぎてるんだから・・・・・身体だって随分太って・・・・お腹なんて贅肉が一杯だよ・・・・・パンティの上にこんなにお肉付いてるし・・・・横腹なんて垂れてるよ・・・ぶよってしてるし・・・・補正下着で誤魔化すのももう限界じゃない・・・・・・ほら、このカメラで背中撮ってあげるよ・・・・・ほら、映像をパソコンに映すよ・・・・見てごらん・・・・これ、志桜里センセイの今の背中・・・・ほらブラジャーのバックベルトが背中のお肉に食い込んでるんだよ・・・・バックベルトから背中のお肉がはみ出してるよ・・・・これだったらブラジャー外したら、背中に真っ赤なブラ痕が残るよ・・・・私太ってますって背中が言うんだよ・・・・男に見られたら恥ずかしいよね・・・・そうそう・・・・数年前に検察庁で、見かけた時さ・・・・センセイは、ブラウスからブラジャーが透けていたんだよ・・・・いい歳したおばさんが、何挑発してんだろう?なんて思ったけど・・・・でも、あの頃は、透けブラにもまだ色気があったよ・・・・背中もすっきりしてたし・・・・透けてたブラのセンスも悪くなかった・・・・・でも、もう止めた方がいいよ・・・・この背中透けさせたら、ヒンシュクだよ・・・・こんなにブラからお肉がはみ出してるの見たら、男が引いちゃうよ・・・・もっとセンスのいいブラ今度買ってあげるよ・・・・じゃ、このホック外してみるよ・・・・・・ほら、見てご覧・・・・背中にブラジャーの赤い痕がくっきり・・・・ほらよく見てご覧よ・・・・お肉にくっきり・・・・恥ずかしいよね・・・・ブラが食い込んでたんだ!・・・・・それに乳房も垂れてるよ・・・・こうやって俺が背中舐めてやるから・・・・その内に赤いブラ痕も消えるかな・・・・・え!!・・・・もしかしてセンセイ何か怒ってる??俺何か気に障ること言った?・・・・それとも猿轡が嬉しいんだ・・・・・もう、こっちはビチョビチョじゃん・・・・もう、まだ、何もしてないうちから、こんなに濡らして・・・・センセイいい歳して恥ずかしくない?」
こうやって言葉で責めるのです。
こんな風に男から貶められる経験は、志桜里センセイは初めてです。子供のころから優等生で美少女だったのです。男たちは皆、憧れの眼差しでセンセイを見てたのです。
年下の男から、揶揄われ弄ばれておもちゃにされる・・・・・そして猿轡を噛まされて・・・・
どんなに顔で怒った顔を作って睨みつけても・・・・・それから、男からくちゅくちゅされて挿入されれば、今まで経験したことのない絶頂がくるのです。
後ろ手にキチキチに縛られ、結び玉の猿轡をがっちり噛まされ、その間抜けに顔を鏡でみせられたまま、挿入されると・・・・・もう何もかもが飛んでいくのです。
志桜里センセイは、目の前の鏡に映る自分の猿轡顔・・・・・結びコブ手拭をしっかり噛み締め、年下弁護士の履き古したブリーフの詰め物を口いっぱいに詰められ、滑稽な顔をしています。その顔を目の前に見ながら、犬のように四つん這いになって、バックから若い力で責められるているのです。

こんな妄想しました。

例え、週刊誌で叩かれ、離党してみそぎの選挙を終えても、逢わずにはいられないのです。
彼と会えない日・・・・一人で猿轡を口に嵌め、彼の言葉責めを思い返しながら、指先が」動くのです。
彼女が、家庭を捨ててまで、彼についていくのはこんな理由からなんです。


コメント

こんにちは。お誘いありがとうございます。
ただ、ここはDIDが好きというごく限られた嗜好の方のみが集う場所でありたいと思っています。幅広い方に知られることを望んでおりませんので、リンクの件はご辞退させていただきます。宜しくお願いいたします。

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://besuto.blog104.fc2.com/tb.php/1086-dbad0f02

 | BLOG TOP |