FC2ブログ

プロフィール

ベスト

Author:ベスト
ここは、自分のこだわりを書き綴った場にしたいと思ってます。小説はすべて私の頭の中の妄想・空想を書き綴っています。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メルアド

新しいメルアドを消してしまいました。

tysdb387@gmail.com

宜しくです。

老・女盗賊の悲劇

「やっぱりあなたが、怪盗パープルキットでしたか? ふふふ。そうじゃないかと思っていましたよ」
男は、そう言うと、ソファに深く座り込んだ。
目の前には、この屋敷に忍び込み、不覚にも捕らえられた泥棒がいた。

声をかけた男の名前は、裏窓怪兵である。
この屋敷の主である。
東京の郊外に土地を購入し、瀟洒な家を建てたのは1年前だ。
すべては恋人の亜美が稼いだお金である。

「このジョガールの名画を狙って必ず今夜あなたが忍び込んでくると睨んでいましたよ。はははは」

裏窓怪兵が、ジョガールの「馬の轡を持つ女」という名画をオークションで落札したニュースは、先週世界中を駆け回った。
時価数億といわれる名画である。
裏窓は、その名画を日本に持って帰ると、友人知人や著名人を集めた秘密パーティを開催してお披露目した。
もちろん、友人知人というもすべて恋人の亜美の繋がりである。

その席に一人の女性キャスターも招待していたのだ。
女性の名前は「小島智子」。
元バラエティ番組の司会者で、その後女優に転進し、今は夕方の情報番組でキャスターになっている女性である。
特段美人とは言えぬかもしれないが、知的で洗練されていて、笑顔が特別魅力的な都会の女性である。

裏窓怪兵は、学生時代、彼女が出演するそのバラエティ番組が大好きで、特に司会者の小島女史の大ファンだった。
彼女に会いたい一心で番組のADのアルバイトをやっとこともあり、ファンレターを書いたこともあった。
彼女の魅力的な笑いをスタジオの隅からいつもじっと見詰めていた。
遠く離れた高嶺の憧れの存在であり、もっとも魅力を感じるお姉さまでもあった。
録画した番組は、何回も何回も再生して、毎夜お世話様になった。
裏窓にとって、青春時代において、恋い焦がれた憧れの女性の一人であったのだ。

それから月日が流れ、裏窓怪兵は、林亜美という女性と奇縁で結ばれ、表向きは有名な絵画のコレクターになったのだ。
先日、そのことで、テレビの取材を受けた。
その時のインタビュアーが「今日に出来事17時」のキャスター小島智子だったのだ。
その縁で、今回秘密パーティの招待状を送ったのである。
もちろん、小島智子は亜美のことを知らないはずだ。

小島智子は、その日、鶯色の高級そうな和服姿でパーティに参加していた。
五十路を過ぎたにも関らず、40歳と言っても通用するような若々しさを保ち、相変わらずの美貌と色香が漂っている。
生涯独身を通し、今でも男好きのする独特の色気を持っていた。


実は、日本では、この20年近く都内では、世界的な名画が何回も盗難にあっていた。
美術館からの盗難ではなく、個人の好事家がプライベートに入手した名画が盗まれるのである。
手口には、ある共通点があった。
盗まれる日は、警備員も家族も全員、睡眠ガスで熟睡させられてしまうのである。
その後の調査で、屋敷の中から空の催眠ガスのカプセルが見つかるのだ。
誰かがある時、そっと屋敷に侵入してそのカプセルを隠し置いているのだ。
いつ誰が置いていくのか判らない。
そしてある日ある時間、一斉にガスが発生し、その隙を縫うように盗人が侵入するのだ。

防犯カメラに残された犯人の映像は、黒ずくめのキャットスーツを着込んでいる。
胸の膨らみやお尻の形から、あきらかに妙齢の女性である。
黒いブーツに黒いマスク。
その姿は、1980年代ヨーロッパに出現した幻の怪盗「パープルキャット」の姿に酷似していたことから、いつしか彼女のことを「日本版パープルキャット」と呼ぶようになったのである。
彼女が盗んだと思われる名画は、この20年間に判っているだけで10作品。
時価20億以上になるはずである。
何せ表に出せない金で購入した好事家が多数いるのである。
本当の実態は、警察ですら把握出来ていないと言われている。

裏窓怪兵は、ジョガールの名画を入手し、秘密パーティを開けば、必ずパープルキャットが現れると信じていた。
20年前、バラエティ番組のアルバイトをやっていた時、司会者の小島智子の更衣室を隠し撮りしたことがあった。
ピンクのブラジャーとショーツ姿の小島智子の写真が撮れ、その姿を何万回見詰めたかわからない。
穴が空くほど見続け、空想に耽ったものである。
彼女のプロポーションはパーフェクトに脳裏に刻んだ。
彼女のピンクのブラジャーの背中のホックの色香を何千回も見続け、一度いいからこのっホックを舐めまわし、そして外してから陵辱したいと夢想した。
それくらい魅力的なランジェリー姿であり、ブラジャー姿であった。

そして、1997年、偶然裏窓怪兵は「パープルキャット」が忍び込んだ屋敷での映像を見る機会に出会わせたのだ。
パープルキャットの写真は、警察もマスコミも公には当時していなかった。
その時、裏窓怪兵は、偶然にも雑誌社を訪問していた。
学生時代の友人との待ち合わせで、雑誌社をたまたま訪れていた時だった。
その雑誌社に、その防犯カメラに写った写真が持ち込まれたのだ。
薄闇の中に、ほんのわずかだが、パープルキャットの「眼」が写っていた。
その眼を見た瞬間、その眼が、小島智子と同じ眼と直感した。
その上、パープルキャットのボディラインは、小島智子とピッタリだとも思った。
友人に頼み込み、写真のコピーを後で貰った。
たったそれだけのことと思われるかもしれないが、直感が「彼女」だといっているのだ。

それ以来、今日まで裏窓怪兵はパープルキャットと小島智子のことを調べ続けてきた。
「彼女である可能性大」
これが裏窓怪兵が出した結論であった。

そして四半世紀を経て、ついにそれを確かめる日がきたのだ。
秘密パーティに、呼ぶ為だけに事前に小島智子とも懇意になった。
パーティが終わった後、念入りに屋敷を調べた。
そして催眠ガスのカプセルを5個発見した。
「間違いない」確信した。
彼女の仕業だ。
彼女がパーティ中に家具の隙間やキッチンに催眠ガスを隠し置いていったのだ。
彼女は必ず来る!

そして、ついに彼女が忍び込んで来るはずの夜が来た。
敢えて屋敷には自分以外の人間を置かないようにした。
今晩、必ず彼女が忍び込んでくる。
裏窓怪兵は、そう信じていた。



来週

来週にはパソコンが入り、ブログ再開予定です。

往年の悪役女優

ところで今時代劇を執筆中です。昔の時代劇を思い出しながら構想練ってます。霞のお新さんこと宮園純子さんが活躍していた時代とお考え下さい。昔の時代劇女優で悪役が似合った女優、辰巳芸者が似合った女優ってどんな人を思い浮かべますか?参考までに教えて下さいね

仕事が忙しくて

復活しますとか、言いながら中々出来ず、申し訳ありません。多忙を言い訳にさせて下さい。すみません。なんかオオカミ少年になって行くようで気をもんでいます。どうか気長にお待ち下さい。お願いします。

出来るだけ早くします

早く復活したいです。あとは私の気持ちだけの問題になったようです。パソコン買いに行くのが億劫なだけのような気がしてます。それから投稿小説も前回の拍手コメントでも何人かの方から、準備中と連絡頂けました。感謝感謝です。復活の際は宜しくお願いします。ただ一つ問題があります。このブログではこれから写真やイラストの掲載をやめさせて頂きたいのです。理由は実家で娘に覗かれる危険があるからです。私が何の気なしにパソコンを見てると、突然後ろから高校生の娘が、話かけてきます。今何見てた?・と。その危険があるので、自分のブログのチェックも、ままならなくなるのが困るんです。ご了承下さい。

復活したいのですが・・・・

下のコメントにも書きましたが、そろそろ復活したいです。
でも、今の仕事状況やら、なにやら考えると当面今のままがいいのかな?
なんても思ってしまいます。
単身でネット環境そろうとどっぷり浸ってしまいそうで・・・・・
そんなことが許される状況じゃないし・・・・・
迷ってます。

ところで、皆さんの中で小説投稿希望の方、
メールがなくなりそれが出来なくなったとお嘆きの方なんていらっしゃらないですよね????

もし、いらっしゃったら、拍手欄にでもコメントいただければ幸いです。

なんとか回復

仕事は相変わらず大変です。職場の人間と中々馴染めません。でもプライベートの悩みは気持ちが少しずつ落ち着いてきました。何も好転してませんが、切り替えないとやって行けませんから。食欲も出てきて、たくさん食べれるようになってきてます。

柴咲コウ

大河ドラマで柴咲コウさんの手拭い噛ませ決定のようですね。その日はたぶん観れません。予告編をみた直感ですが、監禁シーンはもちろんのこと、アップ顔や、もぐもぐというシーンもあると感じました。彼女は猿轡顔としては萌えを感じる女優ですから、久々にいいニュースですね。

ご無沙汰

更新が滞っています。
単身赴任先でパソコンを買って妄想三昧と思っていたんですが・・・・
なんか心に余裕がありません。
当面、パソコンなしだと思います。
なかなか更新が進みませんが、必ず復活します。
頭の中に構想はたくさんあるんでよね(笑)

それにしても武田鉄矢の水戸黄門のレギュラー決まりませんね。


««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»